データ復旧を試す場合は無料のソフトウエアを使いましょう。   no comments

Posted at 3:01 pm in

間違って大切なデータを削除してしまった場合、まずは慌てずに無料で提供されているデータ復旧ソフトウエアを使って、復元を試みてみましょう。場合によっては完全な状態でデータが残っているケースもあります。しかし、パソコンの場合などはこの限りではありません。データの一部に別のデータが上書きされてしまうと、復元は出来なくなってしまいます。そうなる前にデータ復旧ソフトウエアを用意して、復旧を試みるのです。間に合えばデータは戻すことが出来ます。これはパソコンの仕様上、自らの手で削除したデータは、保存されている媒体上でも、そのデータだけが消えるのではなく、そのキロクされていた部分を開放してくれるような感じなのです。だから別のデータに上書きされてしまうようになってしまうのです。そのタイミングはパソコン側が決めていることなので、利用者には分かりません。そんな中で間違えてデータを削除してしまった場合は、データ復旧ソフトウエアを使って試してみるしかないのです。そして戻れば運が良かったと言うことになります。それでも戻せない場合は諦めるか、少し費用が掛かりますが専門の業者にだして復旧を試してみるしかありません。これで戻せない場合もありますが、だめな場合は諦めるよりないでしょう。

データ復旧をフリーのソフトウエアで行う

会社のパソコンで作成した電子データ(文書や表計算、プレゼンテーション資料)は数多くあると思います。特に作成途中や承認前のデータは個人のパソコンの中に入っており、バックアップ等がおこなわれていない場合が少なくありません。このような状態でパソコンに障害が発生してしまった場合、データ復旧が必要になります。ハードディスクによる障害でなければ他のPCにハードディスクを接続するなどで簡単にデータを取り出せる事ができますが、ハードディスクの障害の場合、簡単に取り出せない場合があります。このような障害に対応してくるデータ復旧の専門業者もかなりひどい状態(物理的な破損)でも高い確率で復旧してくれますが、それなりの価格と時間を要します。データが必要であれば、最終的にはそういった企業に依頼するようになると思いますが、まずは自分で復旧を試みてみましょう。インターネット上にフリーのソフトウエアがいくつも存在します。これをダウンロード、利用する事で解決すれば費用は無料、時間も大幅に短縮します。復旧できなくてもその作業時間はそれほど多いわけではなく、試す価値は大いにあります。ある程度、ハードディスクの障害の状況や復旧に関する知識があれば、フリーのソフトウエアよりも高機能であるシェアソフトの利用も判断の一つにすればよいと思います。

Written by admin on 9月 24th, 2014